アジアンシルバー店長の時々ブログ

ピアス、アクセサリー、日常の出来事など シルバーアクセサリー通販【アジアンシルバー】店長の時々ブログです

ロジウムめっきとは?

   

ロジウムめっきとは?

シルバーアクセサリーに多いロジウムめっき
ロジウムめっきのシルバーアクセサリー

シルバーは空気に触れると硫化反応を起こして黒く変色しやすいので、
ある程度のお手入れが必要となります。(シルバーの変色と保存についてはこちら
それが、逆にいぶし銀などの味を出すシルバーの魅力でもあるわけですが、
最近はロジウムめっきで仕上げ加工をして、変色を防いだシルバー製品も多く見られます。
見た目はシルバーというより、プラチナのようになります。傷もつきにくくなります。
使用頻度やコーティングの厚さにもよりますが、数年はもつようです。

ロジウムめっきのより詳細についてはこちらがわかりやすいです。

ロジウムめっきのアクセサリー

↑ロジウムめっきを施したシルバーアクセサリーです
出典:MARINAより
 http://www12.plala.or.jp/marina_/maintenance.examples.rhrodium.html

めっきと金属アレルギー

ロジウムめっきには、下地にもう一つのめっきが必要で、
下地めっきには比較的アレルギーを起こしやすいといわれるニッケルやパラジウムが使用されます。皆さんご存知のように、めっきはいつか剥がれるものです。
剥がれた時に下地めっきが溶けだしアレルギーを起こす場合もありますのでご注意を。
>>金属アレルギーについてはこちら
また、下地のニッケルやパラジウムは銀のように光沢がなく硬いため、
磨いてもあまり美しくなりません。露出した場合は再めっきするしかないようです。

アジアンシルバーの全てのシルバーアクセサリーには、ロジウムめっきを使用しておりません
使用した時の多少の傷も変色もシルバーの「味」としてお楽しみいただければと思います。
硫化で黒く変色しても、専用のクロスで拭けばピカピカの光沢が戻ります。
簡単なお手入れで美しく長くご愛用いただけるのが地金シルバーの魅力です。
めっきを傷つけて、アレルギーを起こしやすい下地めっき成分が溶け出す心配もございません。

 - シルバーについて