アジアンシルバー店長の時々ブログ

ピアス、アクセサリー、日常の出来事など シルバーアクセサリー通販【アジアンシルバー】店長の時々ブログです

シルバー925とは?

   

シルバー925ピアス

シルバー925とは

銀が92.5%(千分率で925パーミル)の純度という意味で、
最も一般的に「シルバーアクセサリー」で使われる素材です。
別名「スターリングシルバー(Sterling Silver)」とも呼ばれます。
残りの7.5%は、主に銅が混ぜられています。
(稀にニッケルやコバルトを使用している物もあります。)

なぜ、このようにわざわざ別の金属を混ぜるのかというと、
銀自体がとても柔らかい金属だからです。
柔らかすぎるとすぐ曲がってしまったり、
取り付けたダイヤモンドやカラーストーンが取れやすく不便なので、
別の金属を混ぜて硬くしているわけです。

 

銀の種類

純度で銀の表示がかわり、代表的な割合には固有名詞がついています。

純度99.9% 純銀(Pure Silver) Silver1000
純度95.8% ブリタニアシルバー(Britannia silver) Silver958 一時イギリスの銀貨で使われた
純度92.5% スターリングシルバー(Sterling Silver) Silver925 最も主流のシルバージュエリー
純度90.0% コインシルバー(coin silver) Silver900 各国の銀貨で多く使われる配合
純度83.5% ダッチシルバー(Dutch silver) Silver835 オランダの標準的な銀の規格

 

他の貴金属は?

金やプラチナも柔らかい金属なので、
銀同様に合金のものがジュエリーとして主流です。
金は「K24」「K18」「K14」
プラチナは「Pt900」 をよく見ますね?
これらも全て合金で、その純度で記述法(品位)を区分しています。

金は、K24(金99.99%以上) K18(金75%) K14(金58.5%)

  ※金は色を変化させるためにも他の金属を混ぜる場合があります

プラチナは、Pt900(プラチナ90%)

 

純度100%の貴金属はある?

では、純度100%の金属アクセサリーはあるでしょうか?
答えは「ありません」

純銀とよばれる「シルバー1000」は純度99.9%以上
純金とよばれる「K24」は純度99.9%以上
純プラチナと呼ばれる「Pt1000」は99.9%以上

限りなく純度100%に近い、という感じですね。

最近金属アレルギーが起こりにくいことで人気のアクセサリー素材、ピュアチタンはどうでしょうか?
純チタン(ピュアチタン)とよばれる「JIS1種~4種」に準じるチタンは純度99.0~99.5%で、やはり限りなく純度100%に近いものなのです。

ちなみに銀、金、プラチナ、チタンはアレルギーを起こしにくい金属ですので、
混ぜられる微量の金属(ニッケルなど)に反応する場合が多いようです。

 

>>金属アレルギーについての詳細はこちら

>>ロジウムめっきについてはこちら

>>シルバーの変色と保存方法についてはこちら

 - シルバーについて